LETTER.

“書き直しすぎた便箋”
writing blouse
何回も恥ずかしくなって
消しゴムで消しては
書き直し
また消して
繰り返す
便箋もボロボロになってしまった
机の上も消しカスだらけ
クシャクシャと丸めて
ゴミ箱に投げることだってできるけど
悩みに悩んで書いたこの形跡を
知ってもらいたいような
感じ取ってもらいたいような気がして
このまま書き続けてしまう
少しずるい わたし
romantic sentence (グレイッシュピンク)
便箋をイメージした
少し透け感のある綿ローン生地の
ブラウスができました。

Vintageブラウスのような
首から肩にかけて行儀よく並んだボタンや
過剰なほどのパフィー袖ですが
薄い生地感や落とした肩の位置、
ゴムでの絞りなど
重厚感ですぎずラフに着ていただけます

定番になりつつある
「切りっぱなし」の裾や袖先、
アンニュイなグレイッシュピンクカラーなど
マダマダらしい要素もたっぷりです。

透け感がありますので、
中にインナー着用が必須ですが
わざとボーダーや小花柄など透けさせて
レイヤードスタイルも楽しめそう。
暑い時期は袖を肘までたくし上げて5分袖に、
寒い時期はジャケットやニットの中にインして
毎シーズン、できれば毎日でも着たいですね。

madder madderのlace line pants、curtain dress、LONG SKIRT
などとのスタイリングもおすすめです。
または写真をタップしてください
“出せなかった封筒”
envelope dress
手紙を出しそびれてしまった
理由は色々ある
少し酔った状態で書いたから
なんとなく内容に不安が残る
お気に入りの便箋に合う
封筒が見つからなかった
ポストが通り道に全くないので
わざわざ少し遠くまで行かなくてはいけない
しばらくカバンに入れっぱなしにしていたら
変なシワがついてしまった
そもそも住所はあっているんだろうか?
もう何年も前に聞いたものだ

出せなかった手紙
握りしめて
会える日を待つ方が
早そうだ
tea brown(ティー・ブラウン)
「本当に手紙を入れることのできる」封筒のついた
アソビゴコロたっぷりのワンピースができました。


ヴィンテージのアーミッシュエプロンドレス
をイメージしたワンピースですが、
本来のアーミッシュらしい
“無駄なものを取り除いた質素”なものではなく、
マダマダらしい装飾たっぷり。
背中にいる封筒は言わずもがな、
左右の肩にはもちろん、
裾にもたっぷりくるみボタンをつけました。
開けてインナーを見せるとまた雰囲気が変わります。

ウエストは楽ちんなゴム仕様ですが、
リボンが左右についているので
結び方でまた色々と楽しめそうです。

素材はやや厚めで透け感はありません。
ノースリーブですので
フレンチスリーブからロングスリーブまで、
素材も薄手のものからニットまで。
暑がりさんでなければ、
オールシーズン着れそうです。

本来のアーミッシュにならって
シンプルな無地のシャツを合わせてもいいですし、
フリッフリの柄物ブラウスで
ちょっと派手に遊んじゃうのも素敵ですよ。

封筒にはできれば手紙を入れて欲しいのですが、
小さなお菓子を入れることも可能です。

madder madderのbig collar blouse、mint T-blouse、lamp dress
などとのスタイリングもおすすめです。
または写真をタップしてください