できれば快適にすごしたい、夏

citrus tunic
夏を振り返ると、いつだっていた。

部活の後にどこからか漂ってくる
制汗スプレーのグレープフルーツの匂い
おばあちゃんが出してくれた
レモンの輪っかが浮いたアイスティー
親戚から届いた
箱いっぱいのオレンジ
旅行先で試食して買った
日向夏のあまーいジャム

夏が少しだけ苦手だった私を、
夏が少しだけ好きにしてくれた
シトラスたちとの思い出
シトラスホワイト
誰がなんと言おうと、これはシトラスです。
柑橘を、半分に切って、
そのまた半分に切って。
半月型の、美味しい、シトラス。
その半月型をそのまま表現したら、
少しユニークなチュニックが出来上がりました。

ミニのワンピースっぽくも、
少し長めのトップスっぽくも。
チュニックって様々な表情を見せてくれるので
特に重ね着をあまりしない夏の時期に
なんだか重宝するアイテムです。

素材は夏も安心なコットン。
お洗濯を繰り返して、少しラフな風合いに
なっていくのも楽しめそうです。

かぶりタイプで袖や襟もゆとりがあるので、
秋冬は中に薄手のニット(タートッルネック)や
ブラウスを合わせても素敵です。
柑橘は夏だけでなく、冬も美味しいですものね。

とても小さなポイントですが、
袖と襟もとの糸ボタンは
ひっそりと柑橘をイメージしています。
胸ポケットには、グレープフルーツは入らないかもしれませんが
レモンならギリギリ入ります。
または写真をタップしてください
mint T-blouse
子供の頃ちょっぴり苦手だった
良い香りがするのに
口に入れると不思議な味
苦いような、スースーするような
いつのまにか気にならなくなって
おしゃれなことしたい気分の時は
水の入ったカラフェに浮かばせたりして
そのうちキッチンで育て始めたりして
これだけで食べるなんてことはないけど
あると一気に輝く
ミント
縁の下の力持ちっていうのかな
こんなに可愛い色してさ
ミントウォーター
胸元にある小さな襟、
そうです、これは「ミント」です。
マダマダらしいユーモアのある
モチーフのついたブラウスは、
Tシャツで使われるようなカットソー素材で
着心地抜群、優しい肌触り!
「ブラウス」のように見えて、
「Tシャツ」のような着心地の
良いとこ取りなこのアイテムを、
「T-blouse」と名付けました。

ほんの少しだけ長めの丈に、
落ちたパフスリーブが
絶妙なシルエット。
少しひろめに開けた後ろのボタンが
程よい抜け感を出しています。

たくさん並んだ袖のボタンは、
「ミントウォーターに浮かぶ氷」や
「モヒートのグラスについたソルト」をイメージして
ひんやりしたすりガラスのようなものを選びました。

季節を問わず、
例えば冬などはウールジャケットの中に着て
ちょこんとミントだけ見せるのも素敵。
春秋はノースリーブのワンピースの中に
合わせるもの素敵です。

薄いミントカラーは意外と合わせる色を選びませんが、
ぜひブラウンやブラックを合わせて
「チョコミント」なコーディネートにも
トライしてみていただきたいです。

madder madderの
work skirt、LONG SKIRT、lace line pantsとの
スタイリングもおすすめです。
または写真をタップしてください
LAVENDER DRESS
遠いむかし、むかしのおはなし
子供の頃からラベンダーの香りに包まれて
育ったお姫さま
彼女の机の上には
常にラベンダーの砂糖漬けがありました
ラベンダーは強い魔除け効果があり
降りかかる様々な悪い魔法から守られ
無事にお姫様はすくすくと育ち
聡明で美しい女王様になりました
そして彼女は・・・・・
そんな作り話を頭に浮かべながら
今夜私がいただくのは
ラベンダーのショートブレッド
ドレスだって身にまとっている
気分は女王様だ
lavender tea (ラベンダー)
ラベンダーをお茶にしたような
とても優しい色合いの
ラベンダーカラー。
着やすい柔らかなコットン素材で作りました。

つけ襟は取り外し可能で
リボンは前で結んでも、後ろで結んでも。
ウエストに巻くのも素敵です。

最後に製品洗いをかけたので、
ヴィンテージのような風合いを持ち
特に襟のほつれが程よいラフさを出しています。
アイロンをかけてピシッと着ても、
洗いざらしで着ても
シーンによって雰囲気を変えて楽しめそうです

淡い色でまとめるのももちろん素敵ですが、
ブラックもしくはダークブラウンなど
濃い色で引き締めるコーディネートも素敵です。
秋冬にダークグリーンやボルドーを合わせるのも
いいなと思っています
(ハーブガーデンのような色合いですね)

madder madderの
gown dressやlace GOWN JACKET、lace line jacket
とのスタイリングもおすすめです。
または写真をタップしてください
“ギャザーを寄せて”
curtain dress -summer-
今日の天気はなんだろう
雨かな曇りかな晴れかな
少しだけ光が漏れて見える
ああ、きっと晴れだ
カーテンをあけて
全身で今日を感じる
誰も知らない私も知らない
今日が始まる
新しい私
毎日、新しい私
sand beige(サンドベージュ)
2020年1月に発表した「カーテン」をイメージした
ギャザーをお好きなだけ寄せれる
贅沢な生地使用量のドレス。
ボリュームや美しいシルエットが
より際立つよう、
ハリのある素材を使用し
まるで本当の「カーテン」のような佇まいです。
「カーテン」なので、暑い時期にも快適に過ごせるよう、
「コットンリネン」で夏バージョンを作りました!

陽の光が欲しくて
たっぷりと寄せたギャザーも
夜帰宅後に閉めて
すこしだけ寄った
可愛らしいギャザーも
カーテンのように
自由自在にどうぞ

しっかりとしたコットンリネンですので
「夏バージョン」と言いつつも、
季節を問わずお召しいただけます。
春夏にTシャツや薄手のローンのブラウスに合わせるのはもちろん、
秋冬にもこもこのニットと合わせるのもとても素敵ですよ。

madder madderのlace line pants、lace line jacketと
同じ生地を使用していますので
セットでのスタイリングもおすすめです。
または写真をタップしてください