RAIN OR CANDY ?

candy sleeve anorak
雨は好きじゃない、
ジメジメとして
洗濯物も外に干せなくて
なんだか暗くって
そして頭が痛くなる
飴はとても好き。
色とりどりで
いい香りがして
小さくて可憐で
甘くて美味しい。
同じアメなのに
どうしてこんなに違うのかな
雨の日に
飴を食べて
自分のご機嫌取りをする
black(ブラック)
こんなの、欲しかった!
マダマダらしいアノラックが出来上がりました。

“雨”の日にも着やすい素材で作った、
“飴”のような袖の膨らみがポイントのアノラック。

すぽっとかぶりで着用いただけ、
袖、ポケット前、背中とギャザーが寄せてあるので
前・横・後ろとどこから見ても
ふんわりとしたシルエットを堪能できます。
大きなフードは絞ることも。
ギャザーが寄ってまた一味違った印象を楽しめます。
もちろん、ポケット付き。

しっかりとした生地感です。薄くはありません。
タウンで真夏には少し暑いかもしれませんが・・
野外フェスや、
山や森などアウトドアでのアクティビティなど
活躍させたい場所がたくさん思い浮かびます。
全体的にゆったりとした作りですので、
秋冬は中にニットなど厚手のものをインすることも可能です。

雨が降っていても、降っていなくても。
一年中、手放したくなくなるようなアイテムになれば嬉しいです。

madder madderの
LONG SKIRT、TULLE LONG DRESS や lace line pantsとの
スタイリングもおすすめです。
または写真をタップしてください
umbrella dress
傘について本気出して考える。
なんで閉じているこの姿は
しゅっとして
かっこよくて
スマートなんだろう
脇役なのに、人気投票で3位を取ってしまう、
みたいな。
ちょっとニヒルでかっこいい。
その反面
開いたら、
ぱあっとその場の空気が変わって
華やかで
美しい
ああやっぱり、1位は主人公なんだよな、
みたいな。
「さあ、行きますか」って、声が聞こえる。
ずるいなあ、と思う。
こんな素敵な二面性のある人、いるだろうか
現実世界でなかなかお目にかかれない気がする。
というわけで傘について本気出して考えた、
本文の結論はこちらです。
「私は傘になりたい、だからこの服を作った」
black(ブラック)
傘と見間違えてしまうようなフリルたっぷり、生地感たっぷり!
マダマダらしい撥水素材のティアードドレス、登場です。

後ろのリボンは飾りではないため、
結び方によって若干長さを調整可能です。

たっぷりのティアードでボリューム感はありながら、
キャミソール部分肩の紐は細めで程よくレディな雰囲気に。
このバランス感にマダマダらしさが詰まっています。

こちらの生地はcandy sleeve anorakと同じく、
しっかりとした生地感です。薄くはありません。
が、しっかりとした生地だからこそ、のこのボリュームを
堪能していただけたらな・・と思います。
または写真をタップしてください