2月のおはなし ”think of wind”

organza tuck dress
コミニョンドレスのよう
いつまでも無邪気な子供みたいで
時々ぐっとくるほど大人の香り
彼女は独特な”風”をまとってる
触れることもできないし
見ることもできない
でも風は確かにそこにある
襟元のフリルが揺れる
後ろでリボンが泳ぐ
たくさんのタックはまるで波のよう
ひんやりと
ほほを撫でたかと思えば
足もとを過ぎ去って
あたためる
風に合わせて踊りたくなる
ドレス
MINT(ミント)
風のように軽く、
風のように軽やかに揺れ、
風のように優しくつつみこむ
そんなロングドレス。

1年中楽しめるオーガンジー素材なので
冬はウールとニットにサンドイッチして。
夏はコットンのキャミワンピにさっと重ねて。
春・秋はお気に入りのロングTシャツやボトムに重ねて。

madder madderの
lamp dressやGOWN JACKETとの
レイヤードスタイリングもおすすめです。
または写真をタップしてください
organza puffy blouse
窓を開けると
入り込んでくる
時にやさしく
時にきびしい
手を伸ばして
つかもうとすると
すっと逃げられる
袖に入りこみ
裾からも潜り込んで
ふわっと膨らんだ
目には言えないけれど
ここに入るよって
ボタンもころころと転がす
風を感じるブラウス
WHITE(ホワイト)
MIMOSA(イエロー)
たっぷりとディティールの詰まった
主役級のアイテムですが
レイヤード用に作られている為
会わせやすさ抜群です。

シンプルなネックラインは
ハイネック、襟付き、深めなど
デザインを選びません

ボリュームたっぷりの袖の膨らみも
肩と手首はきゅっとメリハリ
長袖を着るときは
ちらっと袖からのぞかせても

もちろん1年中着ていただけます
春はボーダーのロングTシャツ
夏はカラフルなキャミソール
秋はチェックの丸襟ブラウスに
冬はモノトーンのハイネックニット

四季の風とともにお楽しみください
または写真をタップしてください
organza apron skirt
風をまとえたなら。
それも、
春の訪れを伝える
とびきりやわらかい
優しい風を
風の妖精は
きっと踊りが得意
いつか会ってみたくて
くるくると回る
上手に踊れなくても
このスカートがあれば
風を起こすことができる
今日は会えるだろうか
PINK(ピンク)
美しいオーガンジーに
しなやかな長いリボン。
風になびかせたくなる、
風の強い日にこそ
着たくなってしまうような
そんなエプロンスカートです。

もちろんエプロンスカートですから
中には何だって合わせられます。
着るものを選びません。

いつものデニムでも
お気に入りのAラインスカートでも
少し大人なタイトスカートでも
無地でも柄でも構いません、
透かせてみせましょう

madder madderの
TULLE LONG DRESSやLONG SKIRT
の上に重ねたり、
JABOT BLOUSEやRIBBON BLOUSE
のボトムにもおすすめです。
または写真をタップしてください