11月のおはなし ”OSANPO”

“5 to 11”
SKIP COAT
朝の5時から
夜の11時まで
別にそれ以外の時間でもいいけれど
一人だと少し怖いから
散歩の時間はこの間で
ポケットに詰める葉っぱたち
ひらひらと気づけば
コートの襟にもついていた
枯葉の絨毯を
レッドカーペットに見立てて
くるくると踊りたくなるコート
踊るのが恥ずかしければ
控えめなスキップでも
昼は日差しが当たってあたたかい
日が落ちて
凍えるような寒さになってきても
大丈夫
首をふんわりと包んでくれる
大きな大きな襟
マフラーを忘れても平気
外にずっとでていられる
WINE - 6PM -(ボルドー)
PARK - 11AM -(ダークブラウン)

・DARK NIGHT - 11PM -
(ブラック):11月販売予定
昨年も人気だった再生ウールを使用したコート。
たっぷりと生地を贅沢に使って
他にはないシルエットを
堪能できます。
袋状になった大きな襟は
リボンでぎゅっと絞り
膨らますようにかたちを整えれば
首元の防寒にもぴったりな
スタイリングのアクセントにも。
軽くてあたたかい、散歩にぴったりなコートです。
または写真をタップしてください
“散歩に出かける”
SALOPETTE PANTS
涼しさを与えてくれた緑の葉っぱたちが
おめかしをはじめ 色付きだし
やがて ふかふかのじゅうたんに変わります
燃えるような真っ赤なもみじ
見るだけで優しい気持ちになれる
いちょうの柔らかいイエロー
靴の裏でコロコロとしたどんぐり
なんだかくすぐったいな
美しい景色が
肌をなでる 少しひんやりとした空気が
主役は私ではない、
彼らの方なのだと
感じさせてくれる
彼らの邪魔をしないように
でもじっくりと、見たいから
ひっそりと控えめの色でお散歩する
子供の頃
たくさん歩く日はスカートではなく
サロペットだった
これさえ履けばどこまででも
散歩できる気がした
日が暮れ出して
指先が かじかんできたら
ポケットに手を突っ込んでしまえばいい
今日は疲れてもタクシーには乗らない
寒かった、と言いながらドアを開け
ちょうど湧いたところの
あったかいお湯に浸かる
THE BENCHES -(ブラック)
THE STONES -(グレー)
THE WOODS -(ブラウン)
ブラウスでも、ニットでも、
フーディーでも、カットソーでも。
何でも合わせやすいのは
ストンとシンプルなかたちながらも
座った姿も立った姿もサマになるような、きれいなラインをつくるパターンのおかげ。
肩紐やウエスト部分は
ボタンが2個付いているので
サイジングの微調整可能です。
起毛素材で着心地が良く、
毎日でも着たくなるサロペットは
カジュアルに着るか
すこしきれいめに着るか
全てはあなたの
その日の気分次第です
または写真をタップしてください