10月のおはなし” ART ”

“アトリエの主の”
GOWN JACKET
真珠の耳飾りの少女も
青衣の女も
気づいたら纏っている
椅子にかかっているのも
自画像でだって
きっとみんな
このガウン
お気に入りだったであろう
このガウンは
なんだか着物のようで
少し懐かしい気持ちになる
美しい装飾の施されたドレスにも
お部屋着にも
もしかすると作業中にだって
女性も男性も関係なく
さっと羽織れる
1年中そばに置いておきたくなる
私のアトリエの主
ガウンのジャケット
または写真をタップしてください
“生み出すための”
SMOCK DRESS
それは絵画かもしれないし
小さな小さな彫刻かもしれない
あるいは
今晩のメインディッシュの盛り付けかもしれないし
もしかすると
いつもとちょっと違ったメイクを纏う自分かもしれない
いつでも何かを生み出せるように
スモックを用意しておいて
いつもの服の上にかぶる
汚れたらじゃぶじゃぶと洗えばいい
タッセルだって
つけても つけなくても
ぎゅっと結んでも 結ばなくても
今日の気分でお好きなように
大きければ 大きいほど
からだの自由がきく
自由ということは
発想しやすいということ
誰にも縛られずに
今日も
私は何かを生み出す
あなたも何かを生み出す
または写真をタップしてください
“絵画の中の”
JABOT BLOUSE
襟元が印象的であればあるほど
絵画の登場人物の気分
オーギュストの描く人々に
なぜあんなにも目を奪われるのだろう
いつも同じファッションでいるのは
描き手にとって
つまらないかもしれないから
襟をつけたり、外したり・・
1枚でも着たい、重ね着だって楽しみたい
春と秋の贅沢な悩み
それを叶える 素敵なブラウス
または写真をタップしてください