Site logo

DRESS ME UP

TULLE LONG DRESS

かざる

はじめて憧れのシューズを買った時 箱を開けたらチュールが出てきて 息が止まるかと思った チュールにやさしく包まれたシューズは それはそれは神々しくて 宝物を見つけた時の勇者って こんな気持ちだったのかしら? 私たちの夢が詰まっている 繊細で、でも実は強い チュールに包まれたなら

black

ブラック

袖を通すと 優しさに包まれたなら って思わず口から出る そんなチュールのドレス。 “特別な日” を思い切り楽しむためにも ”なんでもない日” を特別な気持ちで過ごすためにも なんてぴったりなのでしょう。 少し硬めのチュールをたっぷり使い (本当に、たっぷりと!) なかなか無い贅沢なシルエット。 スタイルアップしやすい 少し上気味のウエスト切り替えに ノースリーブですので そのまま1枚でも、 上に1枚重ねても、 中に1枚きてみても。 お好きなように コーディネートの幅は無限大です。 パーティーにも、普段使いにも 合わせやすいブラックでの提案です。

または写真をタップしてください

wrap dress

ギャザーを寄せて

包装紙って偉大だ 一瞬にしてそれが “プレゼント” だってわかるけれど 中に何が入っているかはわからない。 はやる気持ちを抑えて まるで子供の頃のように 本当はビリビリと破ってしまいたい ところだけれど 私はもう大人だから 余裕を見せて 丁寧にあける。 あけるまでの時間だって愛おしいのよ 中に何が入っているかはわからないけれど それは紛れもなく私へのプレゼントだから。

charcoal gray

チャコールグレー

包装紙のように ”ラッピング” できる ラップドレス。 スーツのような素材で コクーンのようなシルエット 少し ”シック” な装いにピッタリです。 とはいえ包装紙をイメージしたドレスですから 中に合わせるものを選ぶ、なんてことありません。 愛くるしい柄のドレスでも 繊細なアンティークのスカートでも カジュアルなボーダーのトップスでも 好きなものを中に忍ばせてください。 柄物の包装紙も好きですが リボンや飾りでいかようにもなる シックな1色の包装紙にも憧れます。 プラスするアイテムでガラッと印象が変えられる 万能カラーチャコールグレーでの提案です。

または写真をタップしてください

ribbon blouse

むすぶ

例えばコンビニのチョコに リボンを結ぶだけでも それは簡単にプレゼントになる 憧れのジュエリーブランドの 紙バッグには 常にリボンが結ばれている リボンを自分に結んで見る ちょっとだけ ”特別な” 気分になる ドレスに合わせたって デニムに合わせたって 今日の私は ”特別”

white

ホワイト

1年中着れるように 厚すぎず、薄すぎず。 ちょうどいい透け感のコットンの生地を使用しています。 リボンの長さはなかなか他では見られない。 一重でも、二重でも、三重でも。 前・横・後ろ どこで結んでも素敵です。 春は同系色をインナーに ワンピースやセッタアップに合わせればセレモニーにもぴったりです。 夏は中にわざと色柄ものを入れて透けさせても。 デニムや朝のスカートでラフに、軽やかに。 秋はプリーツスカートやタックパンツで、ちょっとだけ、クラシカルなのはいかが? 冬はニットを重ね、さらにその上からノーカラーコートを。 リボンだけ出すのも素敵です。 1年中、365日、いつだって ”特別” になれるコーディネート。 毎日着たくなるホワイトでの提案です。

または写真をタップしてください

About

What's madder madder?

~ madder madder とは ~

-- madder(マダー)= 植物のアカネ 2つ繋げてほんの少し読み方を変えて 【madder madder(マダマダ)】 と読みます。 -- 頑張る日のための 背筋の伸びるような ピンとしたブラウス ケーキをより一層 おいしくいただけるような テーブルセット 今日はゆる~くいきたい、 コットンの長~い ワンピース 何に使えばいいのかわからないけど‥ ノスタルジックな心のなごむおもちゃ 「カツカツ」わざと鳴らしたいかも、 かっこいいヒール 年齢やジャンルに とらわれず セレクトしたり、自分で作ったり、 一緒に作ったり。 おめかしや おいしいもの 楽しいこと たくさん、まだまだ、知らないものを 共有していける 場所になりますように

Profile

Akane Sasaki

Profile image

佐々木 茜。辰年生まれの乙女座というアンバランスな星のもとに生まれ、HIPHOP を聴きながら80年代 Olive を読み漁る10代を過ごす。 文化女子大学(現 文化学園大学)卒業後、アパレル会社にて販売・プレスを経験後フリーに。 PR やデザイン業をする傍ら、2017年9月より「madder madder(マダマダ)」スタート。 好きなものは おいしいものとかわいいもの(とかっこいいもの)。

© 2022 madder madder