おはぎと曼珠沙華

おはぎと曼珠沙華

美味しいものいっぱい、秋。

食欲の秋と、
時々かわいいもの。

おはぎ と 曼珠沙華
お彼岸つながりですね

曼珠沙華は秋、お彼岸の時期に咲くので別名ヒガンバナ
秋のお彼岸にあずきの粒を「萩」に見立てて作ったのが「おはぎ 御萩」
(ちなみに春のお彼岸に「牡丹」に見立てて作ったのが「ぼたもち 牡丹餅」。知ってました?)

ヒラヒラした可愛らしいのがお花、と信じて疑わなかった
子供の頃の私には 彼岸花が怖かった
うまく言えないけれどどこか妖艶で、
不気味で、悪いことを運んできそう。

同時におはぎもなんだか好きになれなかった、
(お団子は好きだったけれど)
和菓子よりはケーキやクッキーの方がテンションが上がったし、
何よりご飯があんこの中に入っているのが謎でした。謎。
そして地味で可愛くない、岩みたい。


でも今、その二つを並べて
ああ可愛い、ああ美味しいと思いながら写真までパシャパシャ撮って
そんなわけで今 怖いな、好きになれないな、と思っている
あんなことやこんなこともきっといつか好きになるんだろう
時がたつって不思議で素敵だ

曼珠沙華ブローチ

アトリエ染花の 曼珠沙華のブローチ。なんて美しいんでしょう デザイナーさんに巾着田の曼珠沙華祭りを教えていただいた、来年こそは行きたい。

タケノとおはぎ

桜新町のオハギyさん。「タケノおばあちゃん」直伝のあんこや添加物を一切使用していないトッピングは一口で幸せに。 特に好きなのは「こしあん」と「ナッツ」